Construction method

自由な空間造りのために

道北振興の家で採用している構造体の工法は木造在来工法です。この工法は昔からある大工さんが木材を組み、時間をかけ建てていく工法です。何故、その工法を採用してるのか。
ひとつは空間構成の自由度の高さです。
道北振興の家のデザインを実現するためには、個々に合わせた形に組み上げなければなりません。そのためには梁と柱を自由に組み合わせていく工法がコスト面からも最適と考えています。
もうひとつは長年培った技術力を生かすため。
この工法は精度を高めれば十分な強度と性能を持つことが可能です。
道北振興が培ってきた技術力もっとも発揮できる工法と考え採用しています。