Insulation performance

冬は暖かく、夏は涼しく

夏の気温は30度以上、冬の気温はマイナス20度以下になることもある北海道。そして、地域によっては豪雪地帯や海風に晒されるなど住宅にとって過酷な環境にあります。そんな環境においても、夏は涼しく、冬は暖かく快適に生活していただける住宅性能を道北振興は追及し続けています。また、高い断熱性能は冷暖房の省エネルギー寄与し、夏冬の光熱費のコストダウンにも繋がります。

気密性(ベーパーバリア)

ベーパーは湿気、バリアは防御壁。文字通り外との湿気を遮断し、気密性を高くする役割を担っています。構造用合板の外側に耐候性が高く耐久性にも優れた防湿気密シートを施工し、壁内への水蒸気流入を防いで壁内結露を防止します。基礎部分から構造体へ防湿気密シートの継ぎ目を重ねて施工する事で家全体を魔法瓶のように包み込み、高い気密性を実現しています。

 

高断熱

エネルギー対策等級4をクリアする仕様で、構造体には断熱性能最高ランクのF等級に該当するネオマフォームによる外張断熱工法にする事で壁の中にある障害物の影響を受けず、隙間からの熱ロスを無くし、建物全体の断熱性を高めています。
ネオマフォームは断熱性能の高さも、長期安定性能が実験によって他製品よりも優れている事が実証されています。又、フロン系ガスを一切使用しないグリーンガスを発砲素材として作られている為、環境破壊を起こさない理想の断熱材です。

 

基礎断熱

床部分の温度に影響する基礎部分の断熱は「基礎断熱工法」を採用しています。布基礎である150mmのコンクリートの外側と内側に50mmずつ断熱材で包み込み、床下換気口が無いので外からの換気を取り込まないため、床下の温度変化が少なく床下も室内とほぼ同じ温度となり冬場の断熱に効果的です。床下結露の防止にも効果があり耐久性も高くなります。