スタッフブログ

写真:インテリアの雰囲気づくりに大切な照明選び

スタッフブログ2022.05.24

インテリアの雰囲気づくりに大切な照明選び

by 上村

こんにちは、道北振興の上村です。

トレンドを取り入れたスタイリッシュな家が増える中、実に種類が豊富なのが照明。
見ているだけでワクワクする照明選びですが、「思っていたよりも暗くて見えづらい」「照明が眩しすぎて目が疲れる」などといった事態だけは避けなければいけません。

照明器具とはいっても、間接照明やシーリングライト、ダウンライトなど、そのタイプはさまざま。
その形状や配置によって部屋の雰囲気がガラリと変わります。
そこで本日は、照明選びのポイントを簡単ではありますがお伝えしていきます。



子ども室など部屋全体を明るく均一に照らしたい場合は、シーリングライトが適していますが、LDKのような大空間では明るさが足りないことも。
LDKの事例で人気を集めているのが、天井に埋め込まれた照明である「ダウンライト」です。


ダウンライトは天井をすっきりと広く見せてくれるうえ、どんなインテリアとも相性が良いことが特徴。
インテリアの主役にはなりませんが、お部屋の印象を効果的に高めてくれます。
「ダウンライトを多用すると交換が大変では?」とのご質問もいただくことがありますが、現在はLEDが主流のため、耐久年数は10年以上とあり安心です。
そして、シンプルだからこそ、ダイニングだけスポットライトやペンダントライトを用いてアクセントにするのもおすすめです。


道北振興には4名のインテリアコーディネーターが在籍。
一棟一棟に合わせて明るさの表記を緻密に計算し、間取りに応じた照明を計画していきます。“型にはまらない提案”を大切にしている道北振興では、お客様の好みに応じた照明を専属インテリアコーディネーターが買い付けてきます。モダンや北欧系、スタイリッシュ、アメリカンヴィンテージ風etc…。幅広いテイストに応えられるノウハウを持って、要望にお応えしていますので、安心しておまかせください。

<来場予約はコチラ>
https://www.d-shinkou.co.jp/reservation/